ameen's oven

兵庫県西宮市若松町6-18
    ヴィラドコアン1F
Tel : 0798-70-8485


●パーキングのご案内


●カレンダー&地図
Link
カテゴリ
メニュー
イベント
Bread
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 10月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
お気に入りブログ
旅とパンのスロウな日々
瓶詰め専門店 alimna
おかばあのぶろぐ
ひつじのあしあと
器 暮らしの道具 フクギドウ
検索
記事ランキング
画像一覧










夏場のクール便でのお届けについて
クール便でのパンのお届けについて、もう少し具体的にお伝えします。c0167248_1813726.gifc0167248_1815078.gifameen's ovenのパンは焼き上がってから、少しパンの水分が抜けて味が落ち着いた頃がおいしいと思っています。 翌日、翌々日と台所の棚の隅でパンの酸味もまろやかになり熟成していきます。
ですからプレーンのパンは焼き上がってから常温で4日、5日はじっくり召し上がっていただけます。そして食べきれないパンは早めに冷凍、焼き上げた時の風味がキープできます。

ただ、夏場の宅配便でのお届けについては、ちょっと事情が違います。
この夏の時季、配送時のトラックの車庫内がかなり高温になっていると思われます、ドライバーさんに伺うと35℃、炎天下の配達時には40℃近くにもなることがあるとのことでした。
そういうことから夏の暑い期間はクール便をお勧めしております。

それでは、クール配達の冷蔵便と冷凍便のどちらが良いのかという、質問があるかと思います。
ご家庭においても同じなのですが、パンにとっては0℃~4℃ぐらいの温度帯の保存が苦手なので、冷蔵より冷凍がベターです。ただ冷凍状態でお届けしてしまうと、一度に食べきれない大きなパンは解凍⇒再冷凍となりかねません。

ヤマト宅急便のクール冷蔵は10℃以下で保冷ということですので、冷蔵庫よりも高い温度帯であり、おおよそこれは冬季の常温(関西地方)と考えてよいのではないか、と思い冷蔵便をお勧めしています。
お届けしたら、すぐに解凍して召し上がる、もしくはすべてお家の冷蔵庫に直行する場合などは冷凍便がより良いと思います。ちなみにクール冷凍便はマイナス15℃以下で保冷となっています。

もちろんシンプルなパンを選んでいただいている場合は、常温便でも問題ありません。(ただ、お届けに2日かかる地域の場合にはクール便をお勧めいたします)
またいままで夏場での、カビの発生などの報告,傷んでいたという報告はありません。

すこし長くなりますが、この機会に”パンが傷む”とはどいうことか整理してみます。
”パンが傷む”=カビが生えるです、カビは高温多湿で発生し育ちます、大手パンメーカーは30℃で保存試験を行いカビの発生具合を見て賞味期限を決めているようです。
ameen's ovenでは、自家製酵母によりすべてのパンを焼いています、この酵母がつくるアルコールや有機酸などの発酵生成物がカビの生育を抑制するので、よりパンの日持ちは長くなっています。
”0℃~4℃ぐらいの温度帯の保存が苦手”というのは、パンのデンプン質がこの温度帯で劣化(アルファ化)するということです、ご飯などを冷蔵庫などに入れておくとボソボソになるあのアルファ化ですね。
そしてパンは焼き上げから時間が経つにつれて、水分が失われていきます、気泡の大きいバゲットはすぐ固くなりますね。
こうしてパンは劣化していきます。

冷凍庫もなかったむかしの人たちは、焼いたパンを少しでもおいしく長く食べるために、発酵に時間をかけてカビの生えないパンを仕込み、大きなパンをしっかり焼き込んで堅い皮をつくり、水分の蒸発を防ごうとしました。
そして固くなったパンは、スープに入れたり、ミルクと煮てパン粥にしたりして最後のひと片まで食べました。
いろいろ便利になったこのいまの社会に対応しながらも、やっぱりameen's ovenの品質保持の姿勢は、じっくり酵母たちの発酵とオーブンでのしっかりした焼き込みにつきると、考えています。
by ameenstable | 2010-07-08 15:09
<< 7月のカフェメニューから 夏至の幻燈会 >>