ameen's oven

兵庫県西宮市若松町6-18
    ヴィラドコアン1F
Tel : 0798-70-8485


●パーキングのご案内


●カレンダー&地図
Link
カテゴリ
メニュー
イベント
Bread
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 10月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
お気に入りブログ
旅とパンのスロウな日々
瓶詰め専門店 alimna
おかばあのぶろぐ
ひつじのあしあと
器 暮らしの道具 フクギドウ
検索
記事ランキング
画像一覧










<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
パンとビート
パン屋のある夙川・シュクガワという町は川沿いの桜が有名で、あまり紅葉名所ではないのだけど、それでも木々はさまざまなグラデーションに色づいてきれいだ。
パン屋のテラスには大きな「むくの木」が二本おり、この季節、たくさんたくさん枯葉を落とす。
むくの木は大きく育つと樹皮がむけて、はがれてくる、、、ので「むくの木」という、と先日来られた植物先生から教わった。
この木の落葉を集めるのも2年目となった。

この週末に「Beat」をめぐる詩のイベントがパン屋カフェである。
それまでにジャック・ケルアックのことや、ビート文化がボブ・ディランやビート・ルズ、はては大江健三郎にまで、その刻むビートが響いていることなどを書いてはみたいと思ったけれど、ちょっとそんな余裕がなかった。

ビートと呼ばれた連中は、世界で初めて自分たちのことを自分たちのコトバで語った、初めてというのがおおげさなら、すくなくとも自分のコトバ、自分の感性ということを意識的に考え大事にした最初のグループだと思う。
だから彼らは詩を書くこと、とくに人前で読むことを盛んにおこなった。

僕はパン屋だ、
自前のコトバで話す、ということは僕にとって、自前の酵母を育て、自前の手で生地をこね、自前のパンで生きていくということなんだが。


ジャック・ケルアックについて→

★11月28日(土) 19:00- ameen's ovenでのイベントのご案内はこちらから★
・11月29日には京都BOUZ Cafeにて同じイベントがあります→
・12月には葉山Saudade Booksにても→
by ameenstable | 2009-11-25 22:50 | イベント
速報・予約受付のことなど
11月23日月曜日、夜10時からパンの受付をスタートします。
お届けは26日着からとなります、25日クリスマスまでです。
やっと! 拍手。

本日からサイトは復帰していますが、大事をとって別のショッピングカートからの受付となります。
やや注文方法などが変わってしまいますが、どうぞご勘弁ください。
くわしくは、またご案内いたします。

苦渋の選択です、、、と今日、小学校の音楽会を、インフルエンザのため学年閉鎖となった一年生不参加のまま開催と決定した校長先生が重々しくあいさつをした。
北海道の小麦はほぼ全滅、年明けからはパン屋に回ってはこない。
なにか危機の時代を生きているような気がしてくるのは、パン屋をめぐる状況のせいなのか、時代のリアリティなのか!?
by ameenstable | 2009-11-21 23:56
サーバダウン・続報
11月17日に起こったシステム運用会社のトラブルは、今日で4日目、いまだ終息しておりません。
嵐の渦中にあるだろう運用会社からの連絡からみると、復旧の目処は立っていないとのこと。
ネット上でも、さまざまな対応が広がっているようです。
(まるで寒空に家もなく放り出されたような気分がします。)

このような状況からameen's ovenは、一両日中に新しいサイトを立ち上げるよう決断しました。
(前回にショッピングカートを新しくしたばかりで、また変更というのも申し訳ありません!)
いましばらくお待ちいただけますよう、お願い申し上げます。

パン屋は、元気にパンを焼いています。
お電話、Fax 0798-70-8485 にてもご注文を承ります。

★冬のパンとシュトレン

ロッゲンブロート       460円
はしばみなつめ        460円
青いケシの実のバゲット  400円
ビスコッティ・クランベリ   380円
ビスコッテイ・大豆と黒ゴマ 280円
天然酵母のシュトレン   小・1280円  大・2280円
c0167248_17494076.jpg
by ameenstable | 2009-11-20 17:40
予約日、延期のお知らせ
11月17日よりパンのご予約受付けを予定しておりましたが、ameen's ovenが利用しているWebサーバに不具合が生じているため、延期せざるを得なくなりました。
システム会社より一時サービス停止の連絡があり、現在はサイトも閉じております。
これによりameen's ovenサイトの閲覧が1日~2日出来なくなります。
現在、システム会社の方では復旧を急いでいるとのことです。
サイトの再開時がはっきりしましたら、あらためてお知らせいたします。
予定していただき、また楽しみにお待ちいただいた方には大変申し訳ありません。
スムーズにお買い物をしていただけますよう努力して参りますので、どうかご了承のほど
お願い申し上げます。

突然のサイトのダウン、システム会社のダウンなのでこちらではナススベモナイ。
ネットに依存している以上、これらリスクとは隣りあわせだと思い知る。
どんどんシステム化していく道とは別に、アナログな回路もおいておかなくては、、、
マイッタ、マイッタ。
by ameenstable | 2009-11-17 17:59
ビートなameen's oven,その1
The Days of Beat 最低だけど最高!なビートの日々c0167248_21292487.jpg

11月28日(土) 夜7時から
1000円(1 Drink & お土産詩集つき)
ameen's oven にて

1950年代のアメリカ、ビートと呼ばれる疾風が大陸を東から西へ駆け抜けた。
Beatは「打ちのめされた」、「ビートをきざむ」、「ビアティフィック、至福」などを意味すると言われているが、詩人のヤリタミサコが語る「サイテー」と発音される「最高!」というビートの捉え方が最もビート的。

ジャック・ケルアックは宣言した。「俺たちはビート・ジェネレーションと呼べばいいだろう。うちのめされ、存在の底の底まで裸にされ、まわりの因襲にはがんじがらめ。もう、うんざりあきあきしちまったって意味でね。だから、今度は俺たちが時代をビートするのさ」

イーディ・ケルアック・パーカー著 「You’ll be Okay」出版記念プレ・イヴェントとしてポエトリー・リーディング、ビートをめぐるトークイベントを行います。
「You’ll be Okay」は、オリジナル・ビート3名、ケルアック、ギンズバーグ、バローズを引き合わせたケルアックの最初のパートナー、イーディの回想記です。舞台は「路上」前夜の1940年代のニューヨーク。
ジャック・ケルアック本人のリアル・ラブストーリー、彼が始めるビートへの心の軌跡が語られています。
本のタイトルになった「You’ll be Okay」は、ジャックからイーディへの最後のメッセージ。
イーディのみならず私たちにも、「ありのままの自分でいることが、これからの人生で何かを変える力になる」ということを伝えたかったのではないでしょうか。



Timothy Moran (ティモシー・モラン)
写真家、編集者、ビート作家ジャック・ケルアックの最初のパートナー、イーディ・ケルアック(1994年死去)の意志を引き継ぎ彼女の手記「You’ll be Okay」を編集する。
生前イーディが大学で行った講義のアシスタントを務め、イーディとヘンリー・クリュ両氏の遺産管理人でもある。

ヤリタミサコ
詩人、フェミニスト。3歳からオトナだったので、子ども時代がない。北海道は夕張炭田のはずれで育つ。芥川龍之介は遠い遠い親戚。大学ではアメリカの詩を、高島誠、新倉俊一、藤富保男らに教わり、その後、社会学(女性学)で修士をとった。
ポエトリーリーディングし続けている。E.E. カミングズとアレン・ギンズバーグの翻訳を発表している。
著書:「ビートとアートのエトセトラ ギンズバーグ、北園克衛、カミングズの詩を感覚する」、
    「詩を呼吸する」(水声社)
訳書:「E.E.カミングズ詩集」(共訳、思潮社)
http://www.interq.or.jp/sun/raintree/rain18/yarita.html

佐藤わこ
ポエトリー・リーディングを中心に活動する詩人。左鳥話子という名前も持つ、1995年よりポエトリー・リーディングを始める。アメリカン・ブック・ジャム東京オフィスの佐藤由美子(現トランジスター・プレス代表)を中心とした東京ポエトリーシーンが生まれる瞬間を体験。ポエトリー・リーディングのイベント、出版等を製作企画するインディーズ・レーベル「プリシラ・レーベル」を詩人カワグチタケシと共に立ち上げ、多くのイベントに参加。
著書:「ゴスペル」(トランジスター・プレス)
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/5466/

柿沼忍昭
僧侶、料理研究家、禅アーティスト。20歳で出家、インドを放浪する。卒論のテーマが「ビート禅」だった。ジャック・ケルアックとその代表作「ダルマバムズ」に魅せられ、サンフランシスコを訪ねる。ヒッピーとの出会いなどから、形にとらわれない禅の道を歩き出した。
永平寺で修業、精進料理を学ぶ。のちに北海道で虹奄を開き、日々地蔵を描く。
著書:「大丈夫」(佼成出版社)
http://bejustbe.exblog.jp/

佐藤由美子
トランジスター・プレス主宰。リトルマガジン・zinなどパーソナルな表現を中心に出版活動をする。
「You’ll be Okay」日本語版出版元。日々、新宿 Café★LAVANDERIAのカウンターにも立つ。
http://web.mac.com/radiopeople/iWeb/Site/Blog/2BA5131C-324F-4626-8EBF-B7311AA52F1C.html
by ameenstable | 2009-11-11 21:24 | イベント