ameen's oven

兵庫県西宮市若松町6-18
    ヴィラドコアン1F
Tel : 0798-70-8485


●パーキングのご案内


●カレンダー&地図
Link
カテゴリ
メニュー
イベント
Bread
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 10月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
お気に入りブログ
旅とパンのスロウな日々
瓶詰め専門店 alimna
おかばあのぶろぐ
ひつじのあしあと
器 暮らしの道具 フクギドウ
検索
記事ランキング
画像一覧










<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2017.11.3(祝)パンヤマエマーケット・秋の手づくり市 & 大庭佐知子 移動写真展 Vol.2 "淡路島ノオト"
c0167248_22241146.jpg
11月3日、パン屋のまえで小さなマーケットを開きます。
パン屋なかまのパンにまつわる手づくりの品が並びます。
Lichetteさんのヒンメリワークショップ、たんばの親方の麦わらを使って作ります。
あわせて淡路在住の写真家・大庭さんの写真展も開催!
秋の一日、パン屋にてお待ちしています。

出店
■meri-cono
パン雑貨と布こもののメリコノです。久しぶりにパンヤマエマーケットに戻ってきました!
パン雑貨ってなんでしょう?ちいさなパンブローチ、パンのスタンプ、コースターやパン版画等、パンにちなんだあれこれ、持っていきます!
ちびっこパンTシャツもできるかな、、、?お楽しみに☆ミ
c0167248_22235713.jpg
c0167248_00301616.jpg



■お手手
人の手が作る優しさが伝わる暮らし、素直な心になれる暮らし、笑顔になる暮らし、毎日毎日が丁寧に過ごせるように。
足踏みミシンと手縫いで製作をしています。ヘアーバンドと言えば、お手手。


c0167248_22233926.jpg

■orie
1930~50年代に作られた穀物用の布袋、フィードサックやヴィンテージクロスを使った小物を作っています。可愛い裏地使いもポイントです。
c0167248_22234676.jpg

■竹炭人
神戸市西区の竹炭窯で竹炭を作っています。

c0167248_00295605.jpg

Lichetteさんのヒンメリワークショップ 
 14時~16時 参加費 2,000円(お茶とパン付)
 お申し込みはameen's oven まで
 Tel : 0798-70-8485 Email : yumyum@ameensoven.com

「小麦とヒンメリ」
農家さんが大切に育てられた小麦をつかって、ちいさなヒンメリをつくります。  
lichette
・・・小麦はどうやってできるんだろう・・・という素朴な疑問から自分たちで小麦を育て、それをつかうこころみを6年前から始める。小麦つくりの中で、循環することの大切さをつたえたくて藁をつかったヒンメリつくりをいろいろな場所でやらせてもらっています。いまは宝塚の小さな工房で酵母を育てて、パンを焼いています。


c0167248_22235352.jpg


大庭佐知子 移動写真展 Vol.2 "淡路島ノオト"
c0167248_22240420.jpg
写真を撮り始めたことで、自分の生まれた国「日本」をもっと知りたい、もっと見たいと思うようになりました。淡路島の日常を撮り歩くようになったのは、7年前の2011年6月。知る人がひとりもいなかったこの島で、暮らすことも、なりわいを持つことも始まりました。
毎朝、鳥たちの鳴く声で眼を覚まし、おひさまが照ってくれていることに心からホッとし、山は四季の彩りを、海は優しい藍色のグラデーションを見せてくれ、季節の風が吹き、ゆらめく光と影に身体が反応し、シャッターを切る。そんな日々を過ごせていることに、ただ、ただ、感謝です。地球 ばんざい!!
ありがとうございます。

Sachiko OBA Photo Exhibition "Awajishima Sketch"

As I started taking pictures, I wanted to know more about the country of my birth, Japan. And I started wanting to see more. 7 years have passed since I began to walk the everyday life of Awajishima. On this island where I was a stranger, I began to live. Every morning, I wake up by hearing the birds singing and feel so relieved by the light of the sun. The mountains show their seasonal colors and the ocean shows gradations of a gentle blue color. The wind blows and my body reacts to the flickering light and shadow by the release of my camera's shutter. I'm thankful to live like this. All my relations.
Thank you very much.




by ameenstable | 2017-10-16 22:34 | イベント
2017.11.4(Sat) ボブ&ナーガ ヤポネシアフリーウェイ  詩と音の旅@ameen's oven
c0167248_23523096.jpg
ボブとナーガ Autumn Tour 2017 関西編
ヤポネシアフリーウェイ 詩と音の旅@ameen's oven
11月4日(土)
18:30 open 19:00 start
¥ 1,800 (with one drink, one bread)

今年のボブとナーガの秋のツアーは、奄美のカケロマ島からスタートして北上、辿りつく先は福島の南相馬。ヤポネシアフリーウェイ♪♪

「ヤポネシア」という言葉の言いだしっぺ、島尾 敏雄は、太平洋戦争の折、カケロマ島に特攻隊の将校として赴任、島で終戦を迎えている。そして福島県の出身だった島尾さんのお墓は南相馬にある。ボブたちはカケロマから出発してヤポネシアフリーウェイを通って、島尾 敏雄にあいさつに行くのだ。

ーーーーー

■ナーガ(長沢哲夫)
詩人。'60年代、新宿ビートニクス「パム・アカデミー」、コミューン運動「部族」の中心人物として、ゲーリー・スナイダー、ナナオサカキ、山尾三省らと出会う。その後、諏訪之瀬島にコミューンを作り、定住。
以後、漁師、百姓、詩人として生活し現在に至る。
詩集「つまづく地球」「一秒の詩を歩く」「そして潮が引き」「水をつなぐ」他。
2011年、最新詩集「足がある」を上梓。


■内田ボブ
百姓シンガー。15で家を出て転々・・・。「部族」に出会い、コミューンを転々・・・。
西表島にて水牛百姓10年。
現在は南アルプス大鹿村にて畑を耕し、脱核文明を祈り、時折里に下りて歌い歩く。
バルナギータとしてナーガの詩に曲をつけた「つなぎあわされた虹の輪を」他、ソロCD「Rolling Dragon」「泥あしのままで」「ヤポネシア・フリーウェイ」「いのちの道の上」など。

by ameenstable | 2017-10-16 21:54 | イベント