ameen's oven

兵庫県西宮市若松町6-18
    ヴィラドコアン1F
Tel : 0798-70-8485


●パーキングのご案内


●カレンダー&地図
Link
カテゴリ
メニュー
イベント
Bread
以前の記事
2018年 04月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 10月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
お気に入りブログ
旅とパンのスロウな日々
瓶詰め専門店 alimna
おかばあのぶろぐ
ひつじのあしあと
器 暮らしの道具 フクギドウ
検索
記事ランキング
画像一覧










G.W.イベント案内・5月2日、3日
c0167248_2085850.jpg
5月2日(日)、3日(月)
ameen's oven x meri-cono
「ぱんざっかと春コモノ」
あったか春の陽気とアミーンズオーブンの焼きたてパンの香りに
誘われて....
今年もやります!!
ぱんざっかに加え、カラフル春コモノも少し。

2日間限定のイベントです。
どうぞお立ち寄りください。

AM11:00~PM6:00くらいまで
ameen’s oven前のひろばにて
詳しくはこちらを


c0167248_2091227.jpg
5月3日(月)
親子でサンキャッチャーを作ろう!

太陽の光がクリスタルを通って小さな虹の光を広げます。親子で友達でもちろん、ひとりでも作って飾ってキラキラ輝こう!



c0167248_21285586.jpg
5月3日(月) 
カフェ テラススペースにてお昼ごろからぼちぼち
ここでばったり会ったが100年目。楽しい絵本の読み語りやさん。めくるめく絵本の世界が広がります。子供はもちろん、大人もどうぞ ♡
# by ameenstable | 2010-04-27 20:01 | イベント
G.W.イベント案内・5月1日 新しいAfternoon Tea Style
「ココロもカラダもよろこぶ。
 新しいAfternoon Tea Styleをどうぞ。」

乳製品や卵は使わない。
オーガニックの全粒小麦粉や、国内産の小麦粉。
甘みにはメープルシロップ、てんさい糖、りんごジュース、
昔ながらの米あめ、豆乳やお豆腐など。
こだわりの材料を使って、おいしくって、
ココロにもカラダにもやさしい焼き菓子やケーキを
心を込めて、ひとつひとつていねいに作りました。

ameen's ovenのパンを使って
サンドイッチやスコーン、タルト、ケーキ、クッキーなど
カフェスペースでアフタヌーンティを
この日一日、お楽しみいただければと思います。

皆様にお会いできることを楽しみにお待ちしております。

*ameen's ovenのパンと、クッキングカフェKAKAの焼き菓子・ケーキを販売します。

日時:2010年5月1日(土)
    Cafe Time : 11:00~

c0167248_220439.jpg●アフタヌーンティーセット● 1500円
     (紅茶、ハーブティーはポットの場合1700円)

・スコーン(ジャム、豆腐クリーム付き)
・クッキー
・プリンorゼリー
・お好きなケーキを一種
・カラス麦と胚芽のトーストのサンドイッチ
   (キュウリと豆腐マヨネーズ)
・オーガニック紅茶 or ハーブティー or コーヒー


●ケーキセット  700円(ポット900円)
    お好きなケーキひとつとお茶

●スコーンセット 700円(ポット900円)
    スコーン2個、ジャム、とうふクリームとお茶

c0167248_2202994.jpg写真手前から
ガトーショコラナンシー 
アーモンドパウダーを贅沢に使ってココアをたっぷり。フランスのナンシー地方のママンのケーキ。

アップルクランブルケーキ
イギリス本場のアフタヌーンティー定番のケーキ。リンゴを生地に溶け込ませ、たっぷりの胡桃を入れて焼き上げました。サクサクのクランブルが美味。ラム酒とシナモン風味です。
 
抹茶と小豆と胡桃のケーキ 
新緑の季節をイメージ。あんを入れて和風テイストに仕上げました。

レモンのケーキ
レモンの風味と香りいっぱい。今の季節にピッタリな爽やかな味。

シフォンケーキ 
卵を使わずシフォンケーキができるかなと思って試作を重ねてたどり着いた、KAKAオリジナルシフォンです。本場イギリスのアールグレイ茶を使って香り豊かに仕上げました。



★マクロビケーキ ラインナップ(店頭販売)★

■ケーキ
・ガトーショコラ ナンシー
・ガトーショコラ マロン  
・アップルクランブルケーキ 
・シフォンケーキ      
・私の宝石箱 木の実たちのタルト
・ヴィクトリアスポンジケーキ 
・キャロットケーキ 
・フルーティなマーガレットケーキ 
・シェフのパウンドケーキ 
・レモンのケーキ      
・抹茶と小豆とくるみのケーキ
・フルーツタルト

・スコーン 

■クッキー
・フロランタン(2枚)  
・玄米クッキー(3枚)  
・青海苔風味(3枚)   
・プレーン(3枚)     
・ギズモ君(3枚)    
・アーモンドコーヒー(3枚)
# by ameenstable | 2010-04-21 23:12 | イベント
snow drop
c0167248_11452551.jpg
パン屋の庭で昨年の秋にこっそりK君が仕込んでいったスノードロップが咲いた。 スノードロップは冬の終わりに咲いて春を告げる花だそうです。
スノードッロプがお話に出てくるのは、ロシアのマルシャークの「森は生きている」、児童劇だったものが翻訳されて冬に咲くマツユキソウの物語。

両親を亡くした14歳のわがままな王女さまが、真冬のさなかに春の四月に咲くマツユキソウが欲しいと”めいれい”を出す。
「わたしは、もう四月がきてほしいの。 マツユキ草、大すき! マツユキ草を、ほんとうにみたことは、一どもないけれど。」
そこに継母にいじめられているかわいそうな少女が、吹雪の森にマツユキ草をさがしに行かされて、そこで出会った出来事は、、、

ロシア版シンデレラのような不遇な境遇にあっても心美しい少女の物語なのだけど、このわがままな王女さまが、早く春が来て欲しい! ロシアの冬はいやだ!と思う気持ちはよく分かるように思う。
そうでしょう、北の人たち。
もうすぐ春が、そちらに行きますから、、、まずはこの写真にて。
# by ameenstable | 2010-03-01 11:46
Bioワインとベジタリアンフードの夜会

Bioワインとベジタリアンフードの夜会 - 様々なBio(有機)ワインをグラスで楽しむ!-

2月12日 夜6時30分開店 10時30分閉店
於ameen's oven

セレクトした、個性溢れるBioワインを揃えました。
通常、グラスでいろいろと試す機会の少ない種類のワインを、手軽に飲み比べていただけるよう、
テイスティンググラスにて、安価に、ご提供させていただきます。
この機会にぜひ、Bioワインの豊穣な世界をお楽しみください!

楽しむこと、笑うこと、一緒に食べること、ameen’s ovenのパンとベジタリアンフードをBioワイン
とともに!
c0167248_223181.jpg
■ワインラインナップ

ボネ・ダンヌ2006  ロワール
樹齢30年のぶどうを手摘みで収穫。若干貴腐化したぶどうも混ざる完熟状態で10月上旬に収穫。ぶどうが極めて健全だったので、一度も澱引きせずに樽熟成できた、まさに「ぶどうの旨みを一切引かないワイン造り。白500円/テイスティンググラス

プティ・ガトリー2006/7  ロワール
全体の2/3が50年前後の高い樹齢。野生酵母による発酵。きめ細かい「丸い」タンニンが特徴的で、飲み口のよさとボリューム感を両立させたワイン。
赤500円/テイスティンググラス

ブノワ・クロー/ル・プティ・シュマンロワール
ロワールの期待の超自然児ブノワクロー。はじめは控えめ香りながら、時間と共に洋ナシや胡椒、ミルクのような香りが湧き上がり、薄にごりの中に旨みの成分が溶け込む。
微発泡が心地よく飽きずにスイスイ飲めるのが◎
白500円/テイスティンググラス

ブノワ・クロー/エグランタン・ロゼロワール
ロワールの期待の超自然児ブノワクロー。「野ばら」という名の通り淡いロゼの色合いに、黄色いバラや梅、トマトのコンフィチュールを思わせる軽快な香り。微発泡が心地よく体になじむ。
ペティアンナチュレル。
ロゼ500円/テイスティンググラス

オリヴィエ・クザン ペティアン・ブランロワール
クザンファン必飲の白ぺティアン。
白600円/テイスティンググラス

ラングロール トラベルセ 06コート・デュローヌ
ラングロールでしか味わえない果実。秘密があります。もの凄い集中力の造り手。700円/テイスティンググラス

ドメーヌ・リショー テレ・ド・ギャレ 08コート・デュローヌ
力強さがありながらもビロードのようにしなやかで、エレガント、
今からそしてこの先も長く楽しめる、味わい深いワイン500円/テイスティンググラス

ムーレッシブ キュベ・ガレジャード ロゼラングドッグ
アラン・アリエが造る渾身のロゼが待望の再入荷!500円/テイスティンググラス


Food Menu

キッシュ500円
ロールはくさい酵素玄米入り 800円
バラエティマメサラダ800円
パンとチーズ盛合わせ(吉田牧場+フランス) 1000円
# by ameenstable | 2010-01-31 22:13 | イベント
フランス報告1
c0167248_13182017.jpg今回のパリで印象深かったのは地下鉄だろうか、こちらの理解が悪いのか改札機はなかなかキップを通してくれないし、まごまごしている横を人はどんどん改札機のバーを飛び越えていくし、一方通行の出口を開けると、さっとその隙間から人が入っていく、きっと無賃だよな。
1月4日午前、一緒に行った10歳のR君とエッフェル塔に地下鉄で向かう、10号線で一度乗り換え、駅、地図確認、キップも持っている。
いきなり僕のキップが改札機に通らない、仕方がないので2枚目を使う、R.E.Rに乗り換え、ゲートのバーがあるけどみんな大きく足をあげて飛び越えていく、躊躇するRに大きく声をかけてバーの下をくぐらす。階段を降りていくと薄暗い地下通路ではギターやタンバリン、アコーディオンのバンドが演奏している、パリの地下世界、僕とRはためいきをついた。
次のホームに上がっていく階段には若いアラブ系の女の人が物乞いをしていた。物乞いというより、修道女のように内省的な姿で中空に手を差し出している。パリの移民たち、僕とRは手を強くにぎる。
帰りのコースでは、Rのキップが通らない、もういいから下をくぐれ! といっても小学生は躊躇する。そうだ、こっちのキップを試してみる、と彼はズボンのポケットから古いキップをごそごそとだしてきて改札機に通してみる、バーが開く、どうして? マジックカードだ!と誇らしげなR君、結局彼はこのキップで三つの改札を通った。 

パリ名物に地下鉄のストライキがあるそうだ、数年前にはパリ市中の地下鉄が3週間にわたり全面ストップしたとか、どうしてそんなことが可能なのだろうと思っていたけれど、なんとなくそんなことも起りそうなアナーキーな空気を感じる。
8年ぶりに訪れたパリはハードな顔をしていた。
# by ameenstable | 2010-01-15 13:37
ありがとうございました。
この新しい場所に移転して、1年と少し過ぎました。
いろいろ準備したつもりでしたが、 結局2009年は新しい場所になじむための一年となりました。

2009年のameen's ovenは新しいことばかりでしたが、
いままでのパン製造にカフェキッチンが加わったことで、パンにも新たな刺激が生まれました。
キッチンの使う食材やメニューなどから、これってパン生地に混ぜたらどうやろ?
と思うものがあり、”ひじきのペースト”をもらってクロワッサンに巻き込んだり、
カカオのパンを焼くのに、そうだ!カフェにコーヒー豆があるな、と思って試してみたりしました。
新しいパンを作る時は、カフェのキッチンをうろうろしたり。
パンの作り手として、そうしたパンの新しい広がりが生まれる時はわくわくします。
以前は淡々とパンだけを焼いて、発送作業をして出荷するという日々でしたが、
ここに移ってきて店頭販売もカフェもあり、スタッフを含めて人の出入りが多く、忙しくなってくると
作業場が騒然としてきます。
その中で、発酵の工程に従ってパンを焼いていく、ブレないでいるのが大変でしょうか。

とにかく昨年は大きく風呂敷を広げた年だったので、今年はじっくりとパンを
焼きたいと思っています。
パンの基本、小麦粉のこと、そして発酵について 見つめ直してみたいと思います。

そしてクリスマスにパン屋はプレゼントをいただいています。
all aboutベストパン・8位に選んでいただきました。
ありがとうございます!
http://allabout.co.jp/gourmet/bread/closeup/CU20091225A/index2.htm

パン屋はしばらく冬休み、
フランスのパン屋の友人を訪ねてきます。
久しぶりに行くパンの国・フランス、きっとパンの神様にもお会いできると思います。
2010年のameen's ovenのパンをお楽しみに!
よいお年を!!
# by ameenstable | 2009-12-29 00:07
どこまでも、どこまでも
c0167248_16404275.jpg次の汽車が駅についたら
この町を離れ とおく
500マイルの見知らぬ町へ
僕は出ていく 500マイル

ひとつ ふたつ みっつ よっつ
想い出数えて 500マイル
優しいひとよ 愛しい友よ
懐かしい家よ さよなら

忌野清志郎が日本語にしたPeter,Paul&Maryの「500mile」
このせつなさと旅の途上であるがゆえに交わす笑顔が心にひびく。
距離をもてたがゆえに、生まれた土地をなつかしく思い家族をいとおしく感じる。
あてどない旅をつづけて、僕はそうして多くのことを少しづつ受け入れれるようになった。

hiroさんの写真店です、パン屋のカフェスペースやテラスに”ひみつのテント”ギャラリーを設けて、展示します。
来てね!

12月5日(土)~12日(土)
ameen's ovenにて

http://sdays.exblog.jp/
http://kazz2.net/
# by ameenstable | 2009-12-02 16:42